TEL: 026-275-1005
空室検索
宿泊日

泊数
室数
男性
女性

上山田ホテルの歴史

開湯から120余年、大正8年創業
“ホテルさん”と親しまれ、1世紀

千曲川の河原に忽然と姿を現した、戸倉上山田温泉。
当時の千曲川の流れの間を挟み、戸倉温泉は明治26(1893)年、上山田温泉は明治36(1903)年に源泉が開かれました。
日本では初めて、近代的な手法でボーリングを行い、湧き出た温泉でした。

上山田温泉掘削の仲間を募り、資金を集め、事業を推進したひとりが若林又三郎でした。
又三郎は上山田温泉株式会社の社長を務め、 共同浴場「湯元 かめ乃湯」も開きました。
その門前には茶屋が立ち、温泉街が出現しました。

戸倉上山田温泉は近隣の温泉客を集め、
また明治45(1912)年には信越線戸倉駅が開業し、遠来のお客様も多くお越しいただけるようになりました。

又三郎の息子には、正光・正春がいました。
正光は上山田温泉経営に当たり、2号源泉を使って新たな「亀の湯」を 建設し、その正面に温泉の本通りが開かれました。

アメリカ帰りだった正光は、
「アメリカにはホテルという人々が集まり、宿泊する施設がある」
との考えから弟の若林正春を初代として、上山田ホテルを創業しました。

以来4代にわたり 「湯元 上山田ホテル」として営業し、1世紀の長きにわたり、お客様をお迎えし続けております。